トップページ | 離婚の法律相談で市役所の無料相談を利用する »

2009年9月 3日 (木)

離婚調停の申し立て先の裁判所

当事務所(法律事務所大地)は千葉市にあります。

千葉市にあるからといっても、弁護士は日本全国で活動できるので、千葉市内や千葉県内以外でも活動できます。

離婚の際に調停をおこす場合、相手方の住所の裁判所で申立てをするのが原則です(例外がありますが、この記事では原則に基づいて説明します)

離婚の調停を起こす場合は、別居していることが多いですから、夫の住所と妻の住所が違うことはよくあります。

例えば、妻が千葉市に住んでいて、夫が茨城県水戸市に住んでいるという場合、妻から調停を起こすには、
 水戸の家庭裁判所
に起こすのが原則ということになります。

 こういう場合、離婚を申し立てるほうとしては、非常に不便です。

 ただでさえ、離婚の申立てをするのは気の重くなることなのに、千葉から水戸に行くというさらに手間のかかることをしなければならないからです。

 調停ですから、ご自分だけですることもできますが、その場合は水戸の家庭裁判所まで何回か通うという手間ひまを覚悟しなければなりません。

 弁護士を依頼すれば、離婚調停を弁護士に任せることができますので、家庭裁判所に足を運ぶ手間ひまを軽くすることができます。

 もちろん弁護士費用がかかりますので、それとのバランスということになるでしょうが、弁護士を依頼するのもひとつの選択肢として考えていただければと思います。
 

  離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

トップページ | 離婚の法律相談で市役所の無料相談を利用する »

離婚調停」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トップページ | 離婚の法律相談で市役所の無料相談を利用する »