« 調停委員 | トップページ | 離婚調停期日の実際 »

2009年9月28日 (月)

調停委員の給料

調停委員について、以前に書いたことがありますが(→過去記事)、さらに調べてみました。

調停委員の給料はどうか。

この点、ずばり書いてあるものは
http://www.softic.or.jp/symposium/open_materials/11th/jp/tanakaj.pdf
くらいしか見当たりませんでした。
これは、民亊調停委員についてですが、家事調停委員も同じではないかと重います。

「調停委員の身分は,非常勤の国家公務員である。その執務の条件は,執務に必
要な実費である旅費・日当及び宿泊料が常勤の国家公務員に準じて支給されるほ
か,報酬として手当が支給される。手当の額は,1日に1回の調停がある場合に
は8650円を,件数の増加に伴い,1日に1万7250円を上限として支給さ
れる。」

1回の調停が2時間とすると、8650円はなかなかの給料に見えるかもしれません(時給4000円以上ですからね)。

しかし、私の感覚だと、弁護士が調停員だと、時給4000円では、事務所の維持費用の方がはるかに高いので、おそらく赤字になる方がほとんどだと思います。

ほかから給料をもらっている方は別として、専門家の方でも自営をしている方は、これは結構厳しい給料です。

このような方からみれば、調停委員は、完全なボランティアではないが、ボランティア的なものという位置づけになってしまいます。

実際、千葉県弁護士会の中で、調停委員をしましょうとか、してみませんかというような広報は少なくとも所属弁護士宛にはなされていません。

   離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 調停委員 | トップページ | 離婚調停期日の実際 »

離婚調停」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 調停委員 | トップページ | 離婚調停期日の実際 »