« 別居を前提とする調停条項 | トップページ | 離婚訴訟はどこの裁判所に起こすか »

2009年10月15日 (木)

離婚訴訟

無料電話相談受付中(2009年10月31日まで)→受付ページ

離婚調停をしても双方の合意ができなければ、離婚は成立しません。

離婚をすぐに求めるには、家庭裁判所に離婚の訴訟を起こす必要があります。

家庭裁判所には、
 訴状と必要書類(戸籍謄本、調停不成立証明書)
を提出します。

 自分でやることもできますが(本人訴訟)、訴状にどのような内容をもりこむか、何を書いて、何を書くべきでないかということは、法律のプロに任せたほうが安心ではあると思います。

 本人訴訟をするとしても、法律家のアドバイスを受けながらのほうがよいですし、費用はかかりますが、弁護士に任せたほうが安心ではあります。

 訴訟にかかる実費ですが、
 離婚のみの訴訟(子どもがいる場合は親権者の指定も含みます)で、
  収入印紙 1万3000円(調停申立ては1200円で済みますので、それに比べると高いです)
  郵便切手  6200円(千葉家庭裁判所の場合です;裁判所によって多少金額が違います)

弁護士を依頼する場合は、これにプラスして弁護士費用がかかります。

  離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 別居を前提とする調停条項 | トップページ | 離婚訴訟はどこの裁判所に起こすか »

離婚訴訟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 別居を前提とする調停条項 | トップページ | 離婚訴訟はどこの裁判所に起こすか »