« 申立人(相手方)待合室 | トップページ | 千葉家庭裁判所松戸支部での弁護士状況 »

2009年10月 6日 (火)

離婚調停の終了

離婚調停も何回か回を重ねるといずれは、成立するか不成立にするかどちらかになります。

多くの離婚調停事件(80%)は調停期間6ヶ月、合計4回で終結となります。(平成17年度司法統計)
そのうち
離婚で終了するもの50%弱
です。

参考までに私が最近経験したケースをあげておきます。
6月1日 申立て
7月下旬 第1回調停期日
9月下旬j 第2回調停期日(調停不成立で終了)

6月に申し立てていますから、4ヶ月で終了したことになります。
期日の入り方が、だいぶゆっくりしていますが、月曜日の期日に当たってしまったので、ハッピーマンデー法の影響で期日が入りにくかったことがあります。

ところで、
a 調停離婚が不成立になる場合は、裁判所に申請すれば
「調停不成立証明書」
を作成してもらえます。

この「調停不成立証明書」は、離婚訴訟を起こす場合は、訴状と共に提出しなければなりませんので、続けて離婚裁判をされる方はとっておかなければなりません。

証明書の申請は、裁判所に備え付けの書式があります。
150円の印紙代が必要ですが、裁判所やその周辺で売っていますから、それを貼ればOKです。

なお、
b 調停で離婚が成立した場合は、裁判所が調停条項を作成します。
調停条項が記載された調停調書が、離婚を証明します。


参考記事 
「離婚調停申立て」
離婚調停期日の実際


(法律事務所大地では、法律相談を受け付けております。法律相談を希望の方は下記サイトをご覧になってお申し込み下さい)
http://www.lo-daichi.com/html/soudan.html

|

« 申立人(相手方)待合室 | トップページ | 千葉家庭裁判所松戸支部での弁護士状況 »

離婚調停」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 申立人(相手方)待合室 | トップページ | 千葉家庭裁判所松戸支部での弁護士状況 »