« 「判例にみる離婚原因の判断」 | トップページ | 家裁の調停成立は申立て数の半分以下 »

2009年12月21日 (月)

離婚訴訟の分かりにくさ

 離婚の調停や訴訟をするかかどうか迷われている方は多いと思いますが、迷いを増幅する原因の一つに、訴訟までした場合に勝てるのかどうかが不明瞭なことがあります。

 どのような訴訟であっても、勝てるかどうか断言できるものではありませんが、特に離婚訴訟は、判断基準が明確ではないように思います。
 
 婚姻関係が破綻したかどうかが、問題となるのですが、破綻と言えるかどうかは、結婚生活の様々な要素を考慮するので、基準自体を立てにくいのです。

弁護士に相談しても、明快な説明もなく、腑に落ちない気持ちで弁護士に相談料を払われた方もおられるのではないでしょうか。

当事務所でも、できるだけ明快にご説明しようと努力しておりますが、未だ成功しているとは言えません。

裁判官が想定している判断基準を明確にすること、平易な言葉を使用することが、その第一歩だと思います。

  離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 「判例にみる離婚原因の判断」 | トップページ | 家裁の調停成立は申立て数の半分以下 »

離婚訴訟」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265350/32629854

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚訴訟の分かりにくさ:

« 「判例にみる離婚原因の判断」 | トップページ | 家裁の調停成立は申立て数の半分以下 »