« 離婚訴訟の分かりにくさ | トップページ | 妻のうつ病が治癒可能だということを理由に夫の離婚請求を認めず »

2009年12月24日 (木)

家裁の調停成立は申立て数の半分以下

家庭裁判所の調停がどのくらいの期間かかるかについては、以前にも記事を書いたことがあります。
http://houritu-daichi.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-88d5.html

今回、ある雑誌を見ていたら、元裁判官の方が、家庭裁判所の調停の成立率について書いていました。

全国平均で47.8%だそうです。

調停で合意が出来る割りあいは、申し立てた数の半分以下ということですね。

その元裁判官の方は
1 期日は4回以内(1回は2時間が本則)
2 期間は3ヶ月以内
3 成立率は60%以上
を目安にしたいと語っておりましたが、逆に言うと、そうではない現状があるんです。

ただ、心ある勉強熱心な調停委員は、この線を目指してくるのかもしれません。

参考文献
 自由と正義2009年12月号 高野耕一 家事調停の身形

  離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 離婚訴訟の分かりにくさ | トップページ | 妻のうつ病が治癒可能だということを理由に夫の離婚請求を認めず »

離婚調停」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 離婚訴訟の分かりにくさ | トップページ | 妻のうつ病が治癒可能だということを理由に夫の離婚請求を認めず »