« 離婚訴訟の答弁書を書く上での方向性 | トップページ | 不貞行為に基づく慰謝料 »

2010年1月26日 (火)

東京新聞の連載記事の紹介~ハーグ条約

国際離婚で問題となる、子どもの連れ去り、引渡しの問題で、東京新聞ウェブ版が記事を書いています。

奪われる子 国際離婚の陰で(上) 異なる親権制…ハーグ条約未加盟の壁 連れ帰ると誘拐犯

奪われる子 国際離婚の陰で(中) 未加盟国の日中 はざまで 孤独な闘い10年

奪われる子 国際離婚の陰で(下) 片方のみ親権 悲劇続く日本

日本はハーグ条約に未加盟であり、いろいろな問題点が起きているという指摘です。

  離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 離婚訴訟の答弁書を書く上での方向性 | トップページ | 不貞行為に基づく慰謝料 »

親権」カテゴリの記事