« 養育費の上限? | トップページ | 婚姻費用分担と即時抗告 »

2010年3月 7日 (日)

婚姻費用請求の手続き

1 別居したときに、夫が生活費をくれないというときは、婚姻費用の請求をすることができます。

 相手が話し合いに応じてくれなければ、裁判所で決めてもらう必要がありますが、その手続きはどうなっているのでしょうか。

2 通常は、
 婚姻費用分担の調停
を申し立てます。

 申立ての仕方などは、裁判所のHPに書いてありますので、そちらをご参照下さい。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_07_03.html

3 調停でも話し合いがつかない場合は、
  審判
になります。

 婚姻費用の場合は、調停が成立しないと自動的に審判に移行することになるので、新たな申立ては不要です。

 審判の手続きですが、裁判所で期日というものが開かれます。

 ここでは、当事者双方が参加することになっています。

 代理人(=弁護士)がいれば、弁護士だけが参加することもあります。

 期日では、裁判官が当事者双方に事情を聞きます。

 その上で、再度、双方に合意できないかどうかを確かめますが、調停でかなり話し合ったにも関わらず、合意に達しなかったのですから、なかなかこの時点でも合意は難しいのが普通です。

 合意ができないとなれば、裁判官は、
 「では審判をします」
ということで、裁判官が結論(もちろん理由も)を書いた審判書が送られてきます。

 いつ送られてくるかはその場では裁判官も言わないので、裁判官が決めたときとしかいいようがありません(当日でないことは間違いないですが)。

4 審判に対しては、不服申し立てが出来ます。

 これを即時抗告といいます。
 即時抗告の手続きなどについては、これも裁判所のHPに詳しく書いてありますので、そちらをご参照下さい。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_05_2.html

  離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

 

|

« 養育費の上限? | トップページ | 婚姻費用分担と即時抗告 »

婚姻費用」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265350/33532847

この記事へのトラックバック一覧です: 婚姻費用請求の手続き:

« 養育費の上限? | トップページ | 婚姻費用分担と即時抗告 »