« ハーグ条約加盟の動き | トップページ | 婚姻費用に関する最高裁判例 »

2011年6月 2日 (木)

同性愛をめぐる家裁実務上の諸問題に関する一考察

同性愛をめぐる家裁実務上の諸問題に関する一考察
「新しい裁判所をめざしてー鈴木経夫判事退官記念論文集ー」(ルック)

2000年に発行された本。
同論文では、「家庭裁判所に同性愛カップルの紛争が正面から持ち込まれるのはもはや時間の問題であるといってもよい」と書いているので、まだこの時点では家裁には持ち込まれることはほとんどはなかったようである。
同論文では具体的な紛争ケースを念頭に、論者の考えを示している

関係解消に伴う調停事件
円満調整調停
調停委員会の構成
民事調停なのか家事調停なのか
同性愛カップルによる未成年養子許可申立の可否
成年後見・保佐・補助に関する諸問題
少年審判をめぐる問題


 同性愛の方の法律相談も下記までどうぞ
  離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« ハーグ条約加盟の動き | トップページ | 婚姻費用に関する最高裁判例 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265350/40230444

この記事へのトラックバック一覧です: 同性愛をめぐる家裁実務上の諸問題に関する一考察:

« ハーグ条約加盟の動き | トップページ | 婚姻費用に関する最高裁判例 »