« 和解による離婚と離婚届 | トップページ | 移送申立て・移送決定 »

2011年11月29日 (火)

セックスレス夫婦の一方の不貞行為

セックスレス状態の夫婦のうち、夫が不貞行為をしたので、妻が夫(とその相手)に対して損害賠償をしたケースについての裁判例があります。。

東京地裁平成23年 2月17日判決(ウエストロー;webでの判例集。有料です)
(裁判官 植垣勝裕)

妻は、夫とその不貞相手を同時に被告として、500万円を請求し、裁判所は慰謝料を認めています。

しかし、その額は90万円というかなり中途半端なものでした。
これには、このケースに特有な問題が影響しています。

1 夫婦は、婚姻後1週間を経過した以降は全く性交渉がなかった(双方が性交渉を求めることをしなかったためと認定されています)

2 原告である妻は、このセックスレス状態を改善しようと努力した形跡もなく,このような夫婦生活を送ることにつき特段の不満を抱いていたと認めるべき事情もうかがえないことを勘案すると,妻は,夫との性交渉自体をそれほど重視していなかったと考えざるを得ない

というような事情があったようです。

この判決文自体はセックスレスという言葉は使用されていないのですが、セックスレス状態にある夫婦のうち一方が不貞行為をしたケースに対する判断であり、その意味で注目に値するといえます。

裁判所は、夫婦がセックスレスであったことについて
 「通常の健康な夫婦としては極めて異常な状態であるといわざるを得ない」
と述べていますが、果たしてこれが正しいセックスレスの理解であるかどうかは、議論もあるところかもしれません。

 離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  **************************************** 

|

« 和解による離婚と離婚届 | トップページ | 移送申立て・移送決定 »

離婚訴訟」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。