« 夫婦の一方によるツイッターへの書き込み行為を理由に慰謝料請求できるか | トップページ | 婚姻中のセックスレスの法律問題 »

2012年3月28日 (水)

離婚した後、夫所有の家に住み続けることができるか

次のような事案の場合、妻子は夫の家に住み続けることができるでしょうか。

1 夫名義で住宅を購入した(住宅ローンあり)
2 夫婦で離婚の話し合いになり、夫が居住地から出ていき、別居となった(妻子は引き続き夫の住宅に居住している)
3 夫が離婚訴訟を起こし、裁判所が離婚を認めた。
4 夫は、妻子に対して住宅から退去するよう求めている

この問題について
東京地裁平成23年 3月24日判決(ウエストロージャパン)は、
「妻は住宅から退去しなければいけない。」
という結論を出しています。

その理由としては、
「離婚判決の確定により,被告は本件建物の占有権原を失ったことが認められ,離婚に際し,新たな占有権原が設定されたなどの事情も認められない。」
と述べています。

 これはどういうことかというと
1 離婚するまでは、妻は住宅に住む権利を認められているが、離婚が確定したことで住む権利がなくなるのが原則
2 離婚に際して、新たに住宅に住む権利を獲得していれば別だが、そのような権利を獲得していない
ということです。

つまり、妻側から見て、住宅から追い出されないためには
1 離婚を防ぐこと
2 離婚が防げない場合は、財産分与などの名目で住宅に居住できるようにすること
のどちらかの策を取らなければならないわけです。

離婚関係のご相談は無料(初回)
 ***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F
法律事務所大地
電話でのご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 夫婦の一方によるツイッターへの書き込み行為を理由に慰謝料請求できるか | トップページ | 婚姻中のセックスレスの法律問題 »

離婚訴訟」カテゴリの記事