« GPSで配偶者の位置を把握するのは問題? | トップページ | 年末・年始の執務時間のお知らせ »

2015年12月21日 (月)

調停は戦いの場になっています

法律事務所大地では、離婚などの家庭裁判所での事件の取扱いが多いのですが、家庭裁判所というと、いきなり裁判ではなく、まずは調停となります。
以前は調停といえば「話し合い」だから、ということが裁判所でも強調されていましたが、最近はそうもいっていられない状況となっています。
調停委員からも、「何を主張するのか明らかにしてください」「書面にして提出してください」「提出期限は*月*日までです」というような、裁判とほとんど変わらないことを要求されます。
20年前ですと、調停で書面を頻繁に提出することはなかったのですが、今や書面を要求されるのが普通になってしまいました。
書面で突きつけられると、きつく思えるものです。
曖昧な表現というものは、主張を弱めるようにも見えるからです。
勢い、書面の提出というのは、戦いを強める方向に作用します。

最近の調停は、当事者が先鋭化しているなどと裁判所は嘆いていますが、私から言わせれば、裁判所がそれを煽っているという側面もあるのです。いや、社会全体がそんな方向に向かってしまっており、裁判所もその流れの中に呑まれてしまっているのかもしれませんが。

いずれにせよナアナアでは済まないケースが増えています。こうなると、自分一人で調停をやっていくのはなかなかに大変です。弁護士を依頼するケースというのも増えてきています。

調停は良くも悪しくも調停委員次第です。
調停委員は中立であるといいながら、先鋭化した当事者を説得して、合意を取り付けていくためには、両方の言い分をただうなずいて聞くだけでは、とても合意などできず、調停不成立が続出してしまうでしょう。
ですので、どうしても説得しようとする場面が出てきます。
そして、それは説得しやすい方、弱い方を説得する流れになるというのは、必然です。
かくして、調停という場面でも力の強い者が勝つ傾向が出てきます。
そうでないようにできる調停委員は素晴らしいと思いますが、少し気を抜くと弱そうな方を説得する調停になってしまいます。

裁判官は、「調停委員は、一方の当事者の主張が正当なものであると考えても、これに基づいて、他方の当事者を非難したり、注意したりしてはいけません。」などとものの本で書いていたりするのですが、非難や注意などは弁護士がついているケースでも頻繁にあります。
ひどい調停委員が増えたものだと思いますが、そこを嘆いても始まりません。
我々は日々そのような調停委員とは一戦を交えてもよいという気合で対峙しております。

離婚関連のご相談は無料(初回)
***************************************
千葉市中央区
法律事務所大地
ご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« GPSで配偶者の位置を把握するのは問題? | トップページ | 年末・年始の執務時間のお知らせ »

離婚調停」カテゴリの記事