« 茂原市と荻生徂徠 | トップページ | 離婚しない弁護 »

2016年3月13日 (日)

GPSでの配偶者の位置把握

GPSで配偶者の不貞調査することが法律上どう見られるでしょうか。

以前、「GPSで配偶者の位置を把握するのは問題?」でこの問題に触れました。
その時に、大阪地裁では刑事事件で二つの裁判例が出ているとの指摘をしましたが、どうやらその高裁判決がでました。
http://mainichi.jp/articles/20160302/k00/00e/040/206000c


記事によると、
”警察官らが機械的に捜査対象車両の位置情報を取得し、過去の位置情報を網羅的に把握した事実は認められず、「プライバシーの侵害の程度は必ずしも大きくない」と判断。ただ、令状なしで捜査に利用したことについて、「違法と解する余地がないわけではない。今回の事件についてみる限り、重大な違法があったとまでは言えない」と言及した。”
ということです。

 この裁判官の考え方からは、
1 プライバシー侵害はある
2 具体的事情によっては違法と考えることもできる
3 ただ、重大な違法とはいえない
ということになろうかと思います。


民事上では、違法収集証拠は刑事事件のときよりも問題とされにくいので、GPSを利用して集めた証拠が証拠としての能力がなくなるということは、民事上ではおそらくないであろう。
しかし、GPSをつけたことがプライバシー侵害にあたるとして違法となり、損害賠償を配偶者から請求されることはありうる(もっとも違法とならない場合は配偶者からの損害賠償は認められない)ということになるでしょう。

離婚関連のご相談は無料(初回)
***************************************
千葉市中央区
法律事務所大地
ご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 茂原市と荻生徂徠 | トップページ | 離婚しない弁護 »

その他」カテゴリの記事