« 不貞をしていること=有責配偶者とは限りません | トップページ | 離婚裁判。するかしないか、それが問題 »

2017年2月27日 (月)

裁判所の調停

家庭裁判所での調停について考えてみましょう。

裁判所のサイトでは、調停についてこんな説明をしています。
”調停とは,私人間での紛争を解決するために,裁判所(調停委員会)が仲介して当事者間の合意を成立させるための手続です。”

離婚調停を例にします。夫婦間で離婚について争い、つまりは意見の食い違いがある。意見の食い違いがお互いの交渉では収まらないというときには、裁判所が仲介する調停という制度がありますよという説明ですね。

ここで重要なのが、”意見の食い違いがお互いの交渉では収まらない”という点。裁判所に持ち込まれるケース=相対交渉では合意が成立しなかったケースということです。つまり、当事者では解決困難なケースが裁判所に申し立てられます。

それをどうやって”当事者間の合意を成立させる”のか。当事者間では合意が成立しないのに、裁判所が仲介すると合意が成立する(離婚調停の成立率は45%くらいだそうです)のは、不思議だと思いませんか。

裁判所のサイトでは、”調停委員は,当事者と一緒に紛争の実状に合った解決策を考えるために,当事者の言い分や気持ちを十分に聴いて調停を進めていきます。”と書いていますが、これだけで合意が成立するわけありません。

双方の言い分に調停委員がただ頷くだけだったら、議論は平行線のまま進むに決まっています。それを合意に導くのは、双方または一方をうまく誘導していくからです。もっと露骨に言えば、圧力をかけていくからです。

調停委員の誘導、バイアスの掛け方というのは実に巧妙です。そのテクニックはいろいろありますが、基本的には、説得しやすい方に誘導・バイアスがかけられます。

調停委員がこちら側の見方に沿ってくれることもあります。その場合は、これほど楽なことはありません。この場合は弁護士などいりません。弁護士役を調停委員が十分に果たしてくれるからです。しかし、調停員が一方の流れにのるということは、他方には逆の流れになります。

こうなると調停はかなり苦しくなります。ご相談をお聞きしていると、「もう二度と調停なんてやりたくない」と言われる方があるのですが、これは調停委員が自分の見方にのってくれなくて、相当説得された場合になりがちです。

こういう場合には弁護士に同席してもらって、調停委員に対抗できるようにしたほうがよいかと思います。少なくとも、調停委員の圧力に直接晒されないだけ、楽にはなります。

ご相談は無料(初回)
***************************************
千葉市中央区
法律事務所大地
ご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 不貞をしていること=有責配偶者とは限りません | トップページ | 離婚裁判。するかしないか、それが問題 »

離婚調停」カテゴリの記事