« 婚姻費用調停や面会交流調停は不成立になると審判に移行します | トップページ | 離婚訴訟~訴状提出から第1回期日まで »

2017年10月11日 (水)

家裁の審判への異議申立て(即時抗告)

前回の記事では、婚姻費用の調停や面会交流の調停は調停が不成立で終了すると、自動的に審判に以降するというお話しをしました。

今回は裁判官が審判という形で判断を示したときの異議申立て手続き(即時抗告)のことについて考えてみましょう。


例えば、こんなケースを想定してみましょう。

ケース 婚姻費用の審判
 妻が夫に婚姻費用請求をして、婚姻費用を認める審判がでた。審判では夫に未払い分として100万円を支払うこと、今後は月額10万円を支払うことが命じられた。

即時抗告は当事者のどちらもがすることができます。
今回は妻側は審判結果に不満はないが、夫側には審判結果に不満があり即時抗告をするという前提で考えてみます。

1 即時抗告申立てが出来る期間
 即時抗告は告知を受けた日から2週間以内にしなければならないことになっています。
 告知を受けた日というのは、具体的には審判書を受け取った日です。
 この受領日は大切ですから、弁護士を依頼している方は必ずこの受領日を確認するようにしてください。

2 費用はどの位かかるの?
 即時抗告申立て自体にかかるのは収入印紙代と郵券(裁判所に納める郵便切手代)です。
 収入印紙代は1800円と決まっていますが、予納郵券は裁判所毎に微妙に異なっているので、裁判所に問い合わせる必要があります。
 即時抗告自体の費用は収入印紙と予納郵券なのでそれほどかかりません。やはりかかるのは弁護士費用です。
これは弁護士によっても変わってくるので、見積もりをもらう等して確認してください。

3 妻側が即時抗告したかどうかは連絡がくるのか?
 妻側が即時抗告してもすぐには夫側には連絡は来ません。早めに確認を取りたければ、家裁の書記官に電話をして、妻側から即時抗告があったかどうかを確認すれば教えてもらえます。

4 即時抗告した場合、審判で命じられた内容はどうなる?
 即時抗告した場合は、審判で命じられた内容は一時的に効力が停止します。
これは即時抗告に、強制執行停止の効力があるからです。

5 即時抗告申立てした後の手続きはどうなるのか?
 通常弁護士が即時抗告を申立てる場合は、即時抗告の理由書は後から提出します。
 理由書は即時抗告を申立ててから14日以内にしなければなりませんから、だいぶきつい日程になっています。
 理由書の提出を待って高裁が即時抗告の判断をします。
 審判が出てから即時抗告の決定が出るまでの期間ですが、3ヶ月から4ヶ月程度が目安という感じです。

ご相談は無料(初回)現在電話相談にも対応しております
 ***************************************
千葉市中央区中央
法律事務所大地
ご相談受付は
  平日午前9:15~午後5:00は、043-225-0570まで。
  平日午後5時~午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043-221-1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

 

|

« 婚姻費用調停や面会交流調停は不成立になると審判に移行します | トップページ | 離婚訴訟~訴状提出から第1回期日まで »

面会交流」カテゴリの記事