« 家事審判の即時抗告決定に対する異議申立の方法 | トップページ

2017年12月25日 (月)

配偶者の不倫を理由とする損害賠償請求訴訟と和解

配偶者の不倫を理由とする損害賠償請求訴訟が和解で終わるというのはどういうことかについてご説明致します。

1 裁判(訴訟)の終わり方は、判決だけではなく、和解(合意)という終わり方もあり、裁判官の多くは和解を勧めますので、実際には和解で終了することの方が多いかと思います。

では、実際に和解(合意)というのはどのようになるのかというと、裁判所の期日で裁判官が和解条項というものを読み上げて、当事者(代理人でもOK)がこれを確認すれば、和解が成立ということになります。

2 この和解条項は、その場に立ち会った書記官が「和解調書」という裁判所の公的書面を作成し、記録に残します。

当事者は申請をすれば、「和解調書」の正本とか謄本といったものを交付してもらえます。

3 和解条項というものは具体的には以下のようなものです。
(原告が請求する側、被告が請求される側で、支払う額を300万円とする場合)

1 被告は、原告に対し、本件の解決金として、300万円の支払義務があることを認める。
2 被告は、原告に対し、前項の金員を、原告の銀行口座(○○銀行 ○○支店 ○○口座 口座番号:○○ 口座名義:○○)に振り込む方法により支払う。なお、振込手数料は、被告の負担とする。
3 原告は、その余の請求を放棄する。
4 原告及び被告は、原告と被告との間には、この和解条項に定めるもののほかに何らの債権債務がないことを相互に確認する。
5 訴訟費用は各自の負担とする。

1項と2項で支払う金額と、支払時期、振込口座などを定めます。
3項~5項は、「これ以上は原告は被告に請求しません」ということを意味する法律上の決まり文句だと思っていただいてだいたい間違いないかと思います。


ご相談は無料(初回)現在電話相談にも対応しております
 ***************************************
千葉市中央区中央
法律事務所大地
ご相談受付は
  平日午前9:15~午後5:00は、043-225-0570まで。
  平日午後5時~午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043-221-1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|

« 家事審判の即時抗告決定に対する異議申立の方法 | トップページ

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1265350/72538678

この記事へのトラックバック一覧です: 配偶者の不倫を理由とする損害賠償請求訴訟と和解:

« 家事審判の即時抗告決定に対する異議申立の方法 | トップページ