遺言・相続

2013年10月22日 (火)

離婚と相続

 離婚した後,すぐに相続のことなど考える人はいないであろうが,その後,再婚したり,再婚相手との間に子どもが生まれたりというようなことがあると,資産のある方(特に、不動産を所有の方)は相続のことも考えておいた方がよいと思う。
 まずは,離婚した後,誰に相続するのかということを押さえておいていただきたい。
A 離婚後に独身のまま
 (1) 元配偶者との間に子がいない場合  自分の親。親がいなければ兄弟姉妹。
 (2) 元配偶者との間に子がいる場合 子ども。
 上記の場合は、離婚しないときと比べて,妻が相続人として出てこないだけなので,比較的問題が少ないかもしれない。
B 離婚後に再婚(再婚相手との間に子がいない場合を想定)
(1)元配偶者との間に子がいない場合
 →現在の配偶者(再婚相手)が相続人。
  自分の親が生存している時は,再婚相手と親が相続人(再婚相手が2/3,親が1/3)。
  親が生存していない時は,再婚相手と自分の兄弟姉妹(再婚相手が3/4,兄弟姉妹が1/4)。

 再婚相手と自分の親,又は兄弟姉妹に相続人が分かれてしまうことになる。
 元配偶者と離婚するにあたって,親や兄弟姉妹と折り合いがうまくいかなくなるケースもあり,そうなると再婚にも自分の親族が冷淡になることがあるので,その場合は再婚相手が親・兄弟姉妹と遺産分割の協議を行う必要が出てきてしまう。遺言を作成しておいた方が良いケース。

 (2)元配偶者との間に子がいる場合
 →現在の配偶者(再婚相手)が1/2,子に1/2。

  再婚相手が,元配偶者との間の子と会ったことないというケースもかなりあるであろうから,遺産分割協議自体,再婚相手にはかなり重荷だろう。この場合も遺言を作成しておいた方がよい。

 
 遺言の作成というのは,現代の日本ではあまり行われてきていないが,上記のような場合は作成しておいた方がよい。
 自分で書くにしても色々な法律問題がからむので,弁護士に相談されることをお勧めします。


離婚・遺言・相続関連のご相談は無料(初回)
***************************************
千葉市中央区中央4-8-8日進ビル5F 法律事務所大地
ご相談受付は
  平日午前9:15〜午後5:00は、043−225−0570まで。
  平日午後5時〜午後7時半、土日祝午前9時から午後7時半は、
  043−221−1388(相談受付専用)までお電話下さい。
  ****************************************

|